以前に僕がバイブルとして愛読している本があることを書きました。
杉山経昌さんの「農で起業する!」です。
この方はブドウ農家なので参考になるところとならないところがあるんですが、経営に対する姿勢がものすごく刺激を受けるのでバイブルとさせてもらっています。

先日、もうひとつ、もし就農当時に出会っていたらバイブルにしていただろうなという本を見つけました。
今月に出たばかりの新刊なのですが
農はショーバイ!
という本です。
著者については以前より存在を知っていたのですがお会いしたことはなく、いま会いたいと思うスゴイ人のひとり松木一浩さんが書いています。
まだ全部読んでいないのですが、松木さんの実体験をもとに生業としての有機農業を的確に表現しています。
現在は惣菜店やレストランもあわせもつ複合経営になっていますが、就農当時はうちと同様に少量多品目栽培で野菜セットを販売していたせいか読んでいて共感できる部分が非常に多く、「あーこれ書きたかったことや!」ということを実にうまく表現して書いてあります。

これから有機農業をやろうと思っている人にはかなり参考になる内容じゃないかと思うので、それだけに既に実践して6年目に入った僕にとっては少し残念な気持ちがあります。
ただ、研修生を入れるところから社員など従業員を増やしていく過程、加工から飲食店などサービス業を複合する6次産業に至っていく過程やノウハウなどは、僕がやるやらないは別にしても参考になる部分なので、手垢で真っ黒になるまで読み込んでいこうと思っています。

気になる方はぜひ。
一読を。