今年の冬ニンジンは思った以上にうまくいきました。
味については個人的に満足できるものになりましたが、味覚は個人差があるのでうまくいった点はこれじゃありません。
長期に渡って安定供給できた、これです。

秋作については7月の種まき時期に干ばつで雨が降らず、発芽が思うようにいかずに失敗してしまいましたが、8月に入ってから播く冬用ニンジンはビシッと発芽がそろいました。
その後の生育も順調。
11月に入ったくらいからの間引き菜にはじまり今現在に至るまで、セットのレギュラーとして最前線でがんばってくれました。
それだけの期間ずっと出せるくらいの供給量があったということが松本自然農園にとっては特筆すべきことで、過去数年は又根や割根が多くてまともに出荷できる量が少ないという無残な結果を残していました。
今年のは大きさの大小こそあれ又になったり割れたりしているニンジンはほんとに少なかったです。

あればあっただけ売れるニンジンですが、除草が大変なので大量には作付けできません。
ニンジンだけ単品売りとかできるようになれるといいのですが・・・。
今後の課題ですね。

最後におまけ。

今日収穫したうちの一部ですが、右のは普通のニンジン。
だいたい100~150gくらいのMサイズで、スーパーでよく見かけるのはこのサイズですね。
左のは黄色いニンジン。
秋用に播いてあったものの残りですがすっかり大きくなってしまいました。
だいたい200~250gくらいです。
この品種、長期間畑に置いてあってもほとんど割れないんです。
味もなかなかいいですし、来年以降も栽培しようかと思います。
品種名?そりゃ秘密でしょ。