栽培管理が遅れる野菜のナンバーワンがトマト。
というより手がかかりすぎて途中で投げ出してしまうんですが。
今年は早くも一手が遅れて、見た目がひどく野生化してしまいました。
わき芽がすごいです。

うちは畑でトマトを栽培する場合、枝を2本伸ばしていく「2本仕立て」という方法をとります。
伸ばしたい枝以外の脇から出てくる芽(わき芽)はすべて摘んでしまうのですが、このタイミングが遅れるとなんとも見事な芽が採れてしまうんですね。
こんな大きな芽を摘んでトマトが弱ったりしないの?というくらいのサイズです。
本当はやっちゃいけない管理ですが作業が後手にまわるときはけっこうやってしまいます。

そうして摘んだ芽は地面に落としておけば枯れていくのですが今回は持ち帰ってきました。

これでも半分くらい。
山になっています。
食べるのか?
そんなわけありません。
知っている人は知っています。
挿し芽として利用するんです。
トマトは茎からも根っこを伸ばすことができる性質をもつので、摘んできた芽を土に挿しておくと根っこが生えてきて新しく苗として利用することができます。
だからトマトは10株しか植えなくても夏の間に100株、1000株と増やしていくことができます。
失敗してもカバーできるありがたい野菜なんです。


今回はまじめに苗を増やしてみようと思っているので、確実に根を出すために水につけておきます。
根が出てきたのを確認したらポリポットに移して少し育苗する予定です。
その後の経緯は忘れていなければブログにて報告します。
お楽しみに。