けっこう難しいなぁと感じるのがタマネギの苗づくり。
初期生育が遅いのでかんたんに草に負けてしまうのが難点です。
ただし苗がしっかりとできた年は玉の大きさもそこそこで収穫できるので、やはりポイントは苗づくりのようです。


これは2006年秋の苗。
僕的にはナイスサイズの苗ができましたが大きさにばらつきがありました。
この年のタマネギは成功でした。


これは2007年秋の様子。
苗の写真がなかったのですが、ひょろひょろのものしかなかったと記憶しています。
細いもんだから植えてからもネキリムシにけっこうやられたり、生育が追いつかず玉が小さいまま収穫を迎えました。
失敗の年でした。


で、今年の苗。
なかなかうまくできました。
しかも写真のは全体の5分の1ほど。大量にあります。
サイズのばらつきも少なく、これはちょっと期待できるかもしれません。
夏野菜が終わった場所に植えられるし、ひまになってきた今の時期に苗を植えるのでたくさんあっても負担になりません。
ただし収穫は6月になるので、植えすぎると来年の春・夏野菜を植えるところがなくなってしまいます。
そこだけは注意。

さあどうなりますかな、今年のタマネギは。