毎年のように育てているけど、そろそろやめたいなぁと思っている野菜。
コールラビ。

けっして家庭向けとは言えない野菜だし、発芽率の悪いタネが多いし、生育が進んでも形がバラバラで揃わないことも多い。
ようするに歩留まりが悪い。
100粒のタネを播けば、70株くらいは収穫できる、という見込みが全く立たない。
栽培技術の不足が原因ともいえるかもしれないけど、ここまで何度となく失敗してきてもうさすがにやめておこうかというところまできていました。

ところが今回、高いタネだなぁと思いながらヤケクソで買ってみた品種が意外に育ってくれてびっくり。
発芽率はそれほど優秀ではなかったけれど、育ったものに関してはだいたいちゃんと太ってくれています。
しかも、ふつうのコールラビが

手に乗せるとこのくらいで、食べごたえという点でいえば物足りないサイズで収穫しなければいけないのに対して、

なんとこのサイズ。
失敗作ではなく、大きくしすぎて硬くスジっぽくなったということもなく、これがこの品種としての適切なサイズです。
家庭向けに野菜を育てている松本自然農園としては、これくらいあるとキャベツと同格に扱えます。

もうやめようかと思っていたコールラビですが、これにより延命が決定されました。
この品種でもうしばらくがんばってみようと思います。