ビニールハウスが倒壊してヘコたれている場合じゃないので、建設中の新ハウスを完成させます。
今朝の雨は苗にとってちょうどいい潅水になりましたが、次の雨が来る前にはなんとか雨がよけられるようにしなければならないからです。
今日は研修生がいなくて一人でしたが、やれるところまでと思って張り切りました。
サイドすそのビニールを張り、妻面を完成させ、天ビニールまで張ってしまいました。
天ビニールなんて840cm×17mあるので一人じゃ無理かなと思いましたが、やってみたら意外にいけちゃうもんですね。

サイドの巻上げが途中なのと、ハウスを風から守るマイカ線を張るのと、残る仕事はこれだけです。
育苗ならびにタマネギやニンニク、ジャガイモの保存場所はなんとか確保できそう。
この場所は倒壊ハウス圃場と違って風の通り道になっていないので大丈夫かと思いますが、台風がきてもいいようにしっかりと作っていきます。
倒壊したハウスを見ると寿命が縮みますからね。
もう見たくないです。


ちなみにこのハウス、写真じゃ見にくいですが植えてあった木がそのままになっています。
3本ほど。
なんの木かわからないので「もしかして果樹?」と期待して残していますが、違うようなら抜こうと思います。
育苗するときに困るので。