カボチャの話。
栽培したことがある方ならご存知でしょうけど、カボチャはものすごく栽培面積を必要とする野菜です。
どでかい葉をつけたツルが何メートルも伸びていく、そのわりには果実がポツッ・・・ポツッとしかつかない。
なんとも生産性の低い野菜です。

場所をとるのでつくりたくない、でも保存が効くので出荷調整しやすい。
うちのような多品目農家にとっては曲者と言えるかもしれません。

このカボチャ、僕は毎年のように失敗しています。
成功した記憶がないくらい失敗を繰り返している気がします。
原因は
生育初期段階で草とりを怠ってしまうことが多く、草に埋もれて生長に勢いがつかないためウリハムシという虫に葉を穴だらけにされてしまいます。
ウリハムシはやっかいな虫ですが、キュウリやカボチャに代表されるウリ科の植物は生育スピードがめちゃくちゃ早いので、初期生育さえうまくいけば食害よりも葉の生成が勝るようになります。
と、それだけわかっているにもかかわらず草に埋もれさせてしまって結果として虫にやられているのが例年の傾向でした。

今年こそは!と意気込み、せっせと初期除草をぬかりなく遂行してみたら、あらら順調に生育をするではありませんか。
いつもの失敗を見ている近所の方は
松本くん、今年のカボチャは順調やね~
とお褒めの言葉。
やればできる男です。
おっとまだ収穫にこぎつけないと胸を張るのは早いですね。

そんな場所食いカボチャですが、場所を食わないカボチャも存在します。

ツルが伸びない品種があるんです。
ズッキーニのように節間がつまっているのでツルの伸び先を確保する必要がなく、品種説明でも密植&放任するようにとの記述があります。
面積をとるので栽培するのを渋っていた方も、この品種をつかえば家庭菜園でカボチャを植えられますね。
ただし1株につき1つの果実しか採れません。
面積に目をつぶるか、種代に目をつぶるか。
あなたはどっち派?