2月末でひとまず今年度の発送を終了しました。
次回、出荷を再開するゴールデンウィーク前後までの約2ヶ月間は出荷がなく農作業に専念することになります。
これが非常に大きい。
金銭的な苦しさはまあしょうがないとしても、時間が存分にあるので農作業にはかなりゆとりがでます。
収穫・出荷作業・配達の一連の作業がないんですよ。
以前書いたことありますが、これは相当な時間が浮きます。

夏だったら出荷に週2日とられるので、1日休みをとったとして4日しか作業できる日をとれない。
冬だと前日に収穫するので週3、4日は出荷で時間をとられ、残りの日で農作業と休みをとっていく。
まあ冬は農作業自体が少ないので週1日あれば仕事が進みますけど。

それが3月4月は週7日すべて農作業に使えるので、週休2日にしても5日は作業にあてられる。
これは大きい。
精神的にもゆとりがでますね。
家族サービスは今が旬。
畑以外のことをするのも今が最適。
農閑期の充電はまだまだ続きます。
あ、3月4月は農閑期じゃないか・・・。