自然農法、自然栽培という農法にこだわりすぎない
この記事で書いたことは・・・。
それぞれの農法は、その道を極めた人が自分のやり方を体系的にまとめたもの。
その農法の核となる部分、たとえば耕さないとか無肥料で栽培するとか、その手法がなぜとられているのかという本質をよく考えて理解して、それをふまえたうえで自分のものとしていくべき。

ということでした。
今回はこれをふまえて、売り先によって農法は変わるという話をしていきます。

多くの新規就農を希望する方がやってしまう失敗があります。
無農薬・無化学肥料の有機栽培で野菜を育てたい
自然栽培で究極の安全な野菜を育てたい
こういう想いをもって新規就農を志す人はかなりの数がいると思われます。
そして、この想いだけで突き進んだ結果どうなるかというと、
離農
なんですね。
すべての人が離農するわけではありませんし、就農してすぐに気がつく人もいるのですが、
育てたい、育てたい
という気持ちが先にいってしまうと、本来は先に来るべき考えが置き去りにされてしまって、結果として離農の道を突き進むことになってしまいます。
じゃあ何を忘れがちなのかといえば、以前の記事で書きましたが
売りたい、売りたい
という気持ちです。
なんで農業をやりたいのかといえば、ストレートな表現をすればお金を稼ぎたいということですよね。
お金を稼ぐことが主目的ではないにしても、生活のためには稼ぎが必要だと思っているから農業をするんですよね。
だとすれば、まず考えなければならないのは育てた農産物をお金に換えていく方法です。
農産物を売ってお金に換えることが、農業を仕事にする目的のひとつだからです。
 

ギター職人
これって商売の基本ですよ。
いいものをつくれば売れる、というのは芸術家や職人によくみられる思考ですが、
だれに買ってほしい商品なのか
が明確になっていないと、せっかくいいものをつくっても自己満足で終わってしまいます。
売れるための商品をつくる、といってもいいでしょう。
    詳しくは新規就農でまず最初に考えること~ターゲットの絞り込み

 

農法の選択は目的ではなく手段

農法で悩む
誰に売りたいのかが明確になって、ここでようやく農法を選ぶことになります。
不特定多数に向けて販売しているスーパーの店頭に並べられるものだから、なるべく大きさや形が均一になるように品種を選んだり栽培方法を選んだりしていく。
とにかく安さを求められるので、無農薬栽培で安全性を主張するよりも効率的に大量生産ができるような体制をつくっていくことになります。
顧客に求められていない無農薬という基準を気にして労働生産性を落としてしまうよりも、農薬を適正使用しながら安定生産することのほうが売るための栽培としては賢い選択です。

 

味にこだわるレストランのシェフに向けて、野菜の美味しさを引き出せるような栽培をしていく。
肥料によって育てていくというよりも、野菜自身の生命力を信じて野性味あふれる育ち方ができるように無肥料で環境を整えていく、という栽培になるかもしれません。
耕さないほうが野菜の生命力を引き出せるというのであればそうすればいいし、草と共存させたほうが力強さを感じさせる味になるというのであればそのように栽培すればいい。
買ってほしい人がなにを望んでいるかによって栽培方法を変えるべきです。

そこには自然農法じゃなければダメとか自然栽培以外は考えられない、といった農法による縛りはありません。
自然農法では耕さないことが基本だから
ではなくて
耕さないことで顧客が求める品質の商品を作り出せる
からそうする。
という考え方が大切です。
ただし、この考え方をするには栽培の本質を理解しなければいけません。
なぜ耕すのか、なぜ草を生やすのか、なぜ肥料を入れるのか、なぜ畝を立てるのか、なぜトマトは芽かきをするのか、なぜジャガイモは土寄せが必要なのか、なぜ?、なぜ?・・・・・・。
正解不正解はありませんが自分なりに答えを見つけたうえで、それぞれについて自分に合った方法を選択していく必要があります。
すべては顧客が満足する商品を提供するという目的のためです。
耕すとか肥料を入れるとか、そういうのは目的を達成するための手段にすぎません。
●●農法で野菜を育てています、というのは目的ではなく手段だということに気がついてください。


農業の世界には、農法で縛られている人が非常に多いです。
とくに無農薬を前提とした有機農業をやっている農家に強く見られます。
その農法がお客様の望んでいるものであれば別にかまわないんですが、お客様が欲しいのは自然農法の野菜ではなくて安心して食べられる安全な野菜じゃないですか?
だとしたら、安心して食べられる安全な野菜であれば自然農法じゃなくてもいいということです。
自然農法という枠から外れてもお客様が満足するなら、その縛りがないほうがあなたにとってもいいはずです。
さまざまな農法を勉強して理解して、自分にとってベストな栽培方法を見つけてください。
農法にしばられないでください。

 

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機栽培農家・松本がやってしまった間違いとは?

農業をやりたいと考えたときに最も重要なことは

栽培技術の習得

であることは間違いありません。商品ができなければ何も始まりませんから。
ちゃんと作物を栽培できて、ある程度のレベルの農作物を自分で作れるようにならなければ、当たり前ですが買ってくれるお客様はいないわけです。
だから栽培技術を身につけることは最低限やらなければならないはずです。

じゃあここで、あなたが、農業のなかでも難しいとされる無農薬栽培に挑戦しようと考えていたら・・・。自分の育てたものを消費者に直接お届けしたいと考えていたら・・・。

それはほとんどの場合。
有機農業では王道とされる、野菜セット農家になるということです。
たくさんの種類の野菜や果物、米などを育てて、それを詰め合わせボックスという形でお客様へお届けする。
そういう農家です。

当サイトの管理者・松本は、この野菜セット農家になるときに大きな間違いをしてしまいました。

それは・・・

つづきはこちら