「非常識農家の一日」
情報検索しやすいホームページ版は
https://org.sample-farm.com/

気がつけばスマホを見ていて、
facebookとかtwitterとかInstagramとかチェックしていませんか?
そこには自分とつながっている個人が発信している情報であふれていて、自分もそこに身を置くことで安心したりしませんか?
そこでクチコミされている情報って信頼したりしませんか?

今の時代、個人が出す情報には価値があります。
情報そのものに価値はなく、だれが発信した情報なのかに価値がある時代。
だからこそ、農産物という商品を売る立場として、農家は情報をどんどん発信していくべきです。
知ってもらうため、信頼してもらうため、情報を出すべきです。

そのときSNSが役に立ちます。

ただし、、、
SNSにはそれぞれ特性があって、これを理解していないとせっかく時間をかけて発信した情報が無駄になってしまう可能性が高いです。
twitterの中にある情報と、Instagramにある情報。
その違い、わかりますか?