商品をつくって売る。
これは当たり前に行われている経済活動です。
農業も例外ではありません。
たいていの農家はつくった農産物を農協に出荷するのであまり気にしていませんが、農業にかぎらず商売をしていくうえで重要なことは
生産力と販売力
という二つの力をバランスよく持つことです。

生産力に関しては、既存の農家は栽培にこだわり、勉強をして経験を積み、栽培技術の向上を図っています。
あえて言うまでもなく生産力を持っています。
でも。
販売力に関しては、まだまだ営業・集客・販売に力を入れている農家が多いとはいえません。
これは新規に参入する人たちにとってはチャンスといえます。
生産力では既存の農家に遠く及ばなくても、販売力で勝てる場面はまだまだ多く残されています。
新規就農、まだまだお勧めできる時代です。