兼業農家についてどんなイメージを持っていますか?
農業とは別に仕事を持っている、
もしくは世帯として複数の仕事から収入を得ている。
そういう農家のことを兼業農家といいます。
そういう兼業農家の中には
「農業だけでは生計が成り立たないから」
という理由で別の仕事をしている人も少なくなくて。
これが悪いというわけではありませんが、
働き方としてもったいない場合がある、
ということを知っておいてほしいと思います。

仕事って、
楽しいものだと思うんです。
誰かの役に立って、
社会に貢献しているという実感が得られて、
自分の心が満たされる。
農業をやりたいといって始める人の中には
このような収入以外の魅力、
「仕事が本来持っている価値」
を農業に求めて
新規就農する人が少なくありません。

だからこそ、
せっかく兼業するなら、後ろ向きな理由じゃなく
農業もやりたいし、他の仕事もしたい。
その結果、収入が安定するなら最高だ。
そんな積極的な兼業もいいじゃないか。

今回はそういう提案をしています。