農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
動画で農業

経営戦略

個の時代だからこそ小さな農家は活躍できる

  20世紀から21世紀へ社会は変化しています。 高度経済成長を続け、ひたすらモノの充実を追いかけていた成長社会から、 モノではなく感情や個性を重視するようになった成熟社会へ。 その時代の変化をしっかりと受け止 …

この時代

栽培を追求したいなら顧客も追求しよう

  商売を意識した農家として、一円でも高く売って利益を大きくするにはどうしたらいいのでしょうか。 その答えは、 高く売りたければいいものを作るしかない です。 じゃあ栽培技術を磨いていいものつくって高く売ろう、 …

スナップショット- 54

小さな農家には小さいなりの戦い方がある 弱者の戦略

  ワタミやイオン、セブンイレブンなどの大手企業が農業に参入する。 といった農業への大きな入口がある一方で、新規就農者のほとんどは最初は小さく始めています。 個人で農業をやろうとしている人の中に、企業並みの資金 …

スナップショット- 34

栽培技術を高めるのは農家として当たり前

  農業をやりたいと考えている人の多くは、栽培をすることに気持ちが向いています。 農業といえば植物や動物を育てること、という当たり前の感覚があってそこに集中している印象が強いです。 実際そうですし。 私はよく、 …

スナップショット- 33

生産が先?営業が先?「ニワトリと卵」論争

  生産と顧客確保、どっちが先か。 生産だけやっていればいいような農協出荷の方は気にならないことですが、自分で販路を開拓していこうとしている新規就農者が必ずぶち当たる問題です。 営業をかけようにも商品がなければ …

スナップショット- 27

プロの農家なら食味日本一を目指すよりも大切なことがある

  お米日本一コンテストはご存知でしょうか。 その名の通り、美味しいお米の日本一を決めるコンテストです。 米農家なら誰しもがあこがれる日本一の称号。 それは輝かしい名誉なのかもしれません。 でも。 プロであれば …

スナップショット- 22

農家は時給という指標をどのように活用すべきか

  一般的に、学生時代にアルバイトをしたり社会人として就職したりするときには 時給や日給、月収 というものを気にすると思います。 短い時間で効率よく稼ぎたい。 もっとたくさん収入が欲しい。 というときには時給は …

スナップショット- 19

農家が持つべき集客力とは?

  農業を始めたいと思っている人で生産を軽視している人はいないでしょう。 イイものを作りたい。 食べて美味しいと言ってもらえるものを作りたい。 と思っているはずです。 だからこそ生産だけを見てしまう、ということ …

スナップショット- 10

小規模農家のヘリコプター戦略

新規就農する人で最初から大規模にやろうとするのは少数派だと思います。 親が大規模農業をやっていてそれを引き継ぐ、というケースでもなければいきなり資本力を背景にした大規模農業でスタートするのは難しいですよね。 おそらく。 …

スナップショット- 8

多品目栽培か少品目栽培か、自身の適正から考えてみる

  たとえば野菜ならキャベツだけトマトだけといった単品目・少品目で農業をしていくのと、スーパーに売られている野菜はひととおり育ててます的な多品目で農業をしていくのと、自分に合った経営スタイルを事前に判別するコツ …

スナップショット- 4
1 2 3 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

PAGETOP