農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
動画で農業

経営戦略

生産が先?営業が先?「ニワトリと卵」論争

  生産と顧客確保、どっちが先か。 生産だけやっていればいいような農協出荷の方は気にならないことですが、自分で販路を開拓していこうとしている新規就農者が必ずぶち当たる問題です。 営業をかけようにも商品がなければ …

スナップショット- 27

プロの農家なら食味日本一を目指すよりも大切なことがある

  お米日本一コンテストはご存知でしょうか。 その名の通り、美味しいお米の日本一を決めるコンテストです。 米農家なら誰しもがあこがれる日本一の称号。 それは輝かしい名誉なのかもしれません。 でも。 プロであれば …

スナップショット- 22

農家は時給という指標をどのように活用すべきか

  一般的に、学生時代にアルバイトをしたり社会人として就職したりするときには 時給や日給、月収 というものを気にすると思います。 短い時間で効率よく稼ぎたい。 もっとたくさん収入が欲しい。 というときには時給は …

スナップショット- 19

農家が持つべき集客力とは?

  農業を始めたいと思っている人で生産を軽視している人はいないでしょう。 イイものを作りたい。 食べて美味しいと言ってもらえるものを作りたい。 と思っているはずです。 だからこそ生産だけを見てしまう、ということ …

スナップショット- 10

小規模農家のヘリコプター戦略

新規就農する人で最初から大規模にやろうとするのは少数派だと思います。 親が大規模農業をやっていてそれを引き継ぐ、というケースでもなければいきなり資本力を背景にした大規模農業でスタートするのは難しいですよね。 おそらく。 …

スナップショット- 8

多品目栽培か少品目栽培か、自身の適正から考えてみる

  たとえば野菜ならキャベツだけトマトだけといった単品目・少品目で農業をしていくのと、スーパーに売られている野菜はひととおり育ててます的な多品目で農業をしていくのと、自分に合った経営スタイルを事前に判別するコツ …

スナップショット- 4

野菜栽培と稲作の両立は可能か?選択と集中について

田舎暮らし思考が強い人にとっては、 米も野菜も肉も、できるかぎり食べ物は自分の手で育てていきたい。 という気持ちを抑えられないと思います。 やりたければやればいいです。 止めません。 でも。 選択と集中。 そういう考え方 …

スナップショット- 50

常識を疑って考えて、そして改善していく

  農業には常識だと思われていることがたくさんあります。 既存の農家が当たり前のようにやっている普通の作業は、それが常識のように扱われています。 畑は耕すのが当たり前。 肥料は入れるのが当たり前。 収穫した野菜 …

スナップショット- 34

農法の呪縛から解き放たれて一流農家を目指そう

  自然農法、自然栽培・・・農法を名乗る農家は(商売としてみれば)二流以下 有機農業を目指しているのであれば、自然栽培とか自然農法といった言葉は聞いたことがあると思います。 ほかにも、炭素循環農法だったり天然農 …

農法の呪縛から解放される

新規就農での事前準備 競合を知る

  自分が農業をやろうとしている地域で、競合相手はどれくらいいるのか。 これを知ることは非常に重要です。 誰もやっていない地域で営農すれば、たとえ栽培がヘタクソで商品の品質がそこそこであっても売れます。 ほかに …

競合を知る
1 2 3 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

PAGETOP