農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
動画で農業

有機農業という選択

有機農業は欠点を克服できればさらに成長する

有機農業には価格が高い、収穫量が低い、農薬ありきの無農薬という3つの問題点があります。 有機農業はまだまだ発展途上の段階です。 農薬を使った農業が技術を高めて安全性を向上させてきたように、無農薬農業もどんどん収穫量が上が …

%e6%9c%89%e6%a9%9f%e3%81%af%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%82%88

誰に売りたいかよりも農法を先に決めるとどうなるか

どうしても有機農業がやりたい。 僕は自然栽培でやっていきたい。 オレは自然農法をやりたいんだ。 そういう強い決意で就農しようと考えている人、いますよね。 というか、そういう人のほうが多いと思います。 私もそうでしたし。 …

%e8%be%b2%e6%b3%95%e3%81%8c%e5%85%88

自然栽培の野菜です!は目的と手段を間違えているかもしれません

栽培にこだわることは非常に大切です。 先生の教えをしっかりと守って、自分の腕を上げていく、商品の完成度を高めていく。 大事なことです。 でも農法にこだわることは、料理でいえば先生が教えてくれたレシピどおりに忠実に再現しよ …

%e8%87%aa%e7%84%b6%e6%a0%bd%e5%9f%b9%e3%81%ae%e7%9b%ae%e7%9a%84%e3%81%a8%e6%89%8b%e6%ae%b5

農薬を否定して安全性をウリにする農家にならないで

農薬を使った農業いわゆる慣行農法と、農薬を使わない農業いわゆる有機農法。 何が共通していて何が違っているのか、栽培における考え方について深く掘り下げていきます。 生産者として、有機農家として、農薬害悪論はあまり気持ちの良 …

農薬否定で安全性を売る

「虫食い野菜は美味しい!」は真っ赤な嘘

虫食いの野菜(農産物)は美味しい 野菜(農産物)が虫に食われるということは健康に育っている証拠だ という神話があります。 この嘘は、生産者なら誰でも知っています。 でも消費者は意外と知りません。 こんなにも生産者と消費者 …

虫食いは美味しいの嘘

農薬の目的や役割について改めて考えてみると無農薬栽培の価値が見えてくる

農薬は素晴らしいものだし、なくてはならないものだと思います。 世間的な評価はあまりよくないものですが、安全性でいえばほとんど問題がないレベルにまで高まっています。 農薬を使うことで生産性が上がったり、安定して生産ができる …

農薬の目的と役割

有機肥料と化学肥料 使い分けることでさらに農業は発展する

一般的な農業では、便利で使いやすいからといって化学肥料に頼っています。 有機農業では、化学肥料は使っちゃいけないと制限をかけて一切認めていません。 私たちが健康状態に合わせて食事を変えるように、作物も健康状態に合わせて肥 …

化学肥料を毛嫌いする

無農薬栽培の本質は作物と正面から向かい合う姿勢

無農薬で栽培したい。 無肥料で栽培したい。 いわゆる有機農家になりたいという人のほとんどが、 農薬は危険なものだから使うべきではない 化学肥料は環境によくないし畑の微生物にとっても悪影響だ 有機肥料とて安全を担保できるも …

無農薬栽培の本質

自然農法、自然栽培・・・それは目的ではなく手段

農業の世界には、農法で縛られている人が非常に多いです。 とくに無農薬を前提とした有機農業をやっている農家に強く見られます。 その農法がお客様の望んでいるものであれば別にかまわないんですが、お客様が欲しいのは自然農法の野菜 …

農法は目的ではなく手段

自然農法、自然栽培という農法にこだわりすぎない

  有機農法は、自分の栽培方法こそが一番だと 言いたい農家によって、いくつもの流派に枝分かれしています。 自然農法、自然農、自然栽培、バイオダイナミック農法、炭素循環農法・・・。 その流派にこだわりすぎると、自 …

農法にこだわらない
« 1 2 3 4 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

PAGETOP