僕はもともと、お金に対する執着心がありません。
それほど稼いでいなくても、たとえ貧乏でも幸せに暮らしていける。
そう思っていた人間です。
そんな考え方で農業の道に進み、とある事件がきっかけで
意識がガツンと180度変わりました。

お金はちゃんと稼がないとダメだ!

稼ぐことへの執着を持つようになったんです。
今では感謝していますが、その事件ではかなりショックを受けて。
奮起して農業に向き合うようになって。

その事件がなければ、今でも僕は
「稼がなくても幸せに暮らせる農家」
として悠々と生きていたかもしれません。
もちろんその道でも幸せなんでしょうけど、いまやっているような農業をやりたい人に向けて情報を発信することはなかったでしょう。

なぜ松本直之は、批判にさらされる可能性がある顔出しまでして、YouTubeで就農支援動画を投稿しているのか。
今回の動画では、その理由をお話ししています。