変化や衝撃に強い農業経営をしていくためには、生産と販売の両輪が機能する以前に
考え方
が強固な基礎としてなければダメだと思います。
世の中にあふれている実践的なノウハウは、考え方という基礎があって初めて活かされます。