農業を仕事にする、つまり新規就農する人には2種類あって、ひとつは

実家が農家でしょうがなく継ぐ
というパターン、もうひとつは
自分の意思で農業を仕事にする
というパターンです。
実家が農家であれば、必然的に跡を継がなければならないという事情を持つ方もいらっしゃると思いますので、一度はサラリーマンとして会社勤めをしていたけれど親が動けなくなったのを機に実家に戻って農業に従事するというパターンはけっこうあるのではないでしょうか。
この場合。
農業に従事することは必ずしも自分の意志ではありません。
仕方なくやる、という方もいらっしゃるでしょう。
それが良い悪いという話ではなく、自分の意志で農業を仕事にしていないことの弊害がすくなからずあるような気がしています。

一方、実家が農家じゃないときに農業を仕事にするには、自らの意志で前に進むしかありません。
待っていても農業が仕事になることはないからです。

この、自分の意志で進むということが成否を分けます。