進撃の巨人という漫画は御存じでしょうか。
2009年から別冊少年マガジンにて連載されている作品ですが、アニメ化や映画化がされているので知っている方も多いでしょう。

繁栄を築き上げた人類は、突如出現した天敵「巨人」により滅亡の淵に立たされた。
生き残った人類は、巨大な三重の城壁の内側に生活圏を確保することで、辛うじてその命脈を保っていた。
城壁による平和を得てから約100年後。
突如出現した超大型巨人によって再び人類に危機が訪れる。

という序章から人類が巨人と戦っていく様子が描かれています。

新規就農という行動において、進撃の巨人から学ぶことができる要素はたくさんあります。
そのなかのほんの一部、
何かを捨てなければ何かを変えることはできない
という話をしていきます。