オレはアナログな人間だからインターネットなんかやらん!
という方はいらっしゃるでしょうし、年配の方々はまだまだ生活のなかにインターネットが馴染んでいないこともあるでしょう。
商売をやらない普通のサラリーマンであればそれでなにも問題はないのですが、自営業や個人事業など商売をしていく身としてインターネットを活用しないのはこれからの時代は死活問題になる可能性があります。
ほんの20年ほど前から携帯電話が普及し始め、携帯電話でインターネットができるようになり、いまではスマートフォンが主流になりインターネットをとくに意識しなくてもネットに接続できるようになりました。
じわじわと、でも着実に生活のなかにインターネットは入りこんでいます。

そんななかで。
私たちを取り巻く環境がそうやって変化していく中で、商売はいままでどおり変わらず同じやり方で続けている。
生き残っていけると思いますか?
時代の変化に対応しないで商売を続けられると思いますか?
農家がやっているのは自営業であり商売です。
アナログなイメージが強い農家ですが、農家といえども時代の流れをとらえなければ気が付いたときには離農の道を辿ることになります。