しっかりと顧客が絞りこまれていないと、受け取った人が満足できません。
誰に向けて商品を作っていくのかを明確にしなければ、それを受け取った人が満足することはできないんです。

あなたは。
自分が育てたものを誰に食べてほしいですか?
その人を想像してみてください。
身近にそのような人がいるなら、その人が欲しいものを考えたらいいと思いますし、もし見つからないようでしたら想像力を働かせてイメージしてみてください。