新規就農しようと思ったときの、その人が置かれている立場によってハードルの高さはまったく違ってきます。

たとえば独身者と妻帯者。
農家のこせがれと非農家出身者。

たんじゅんに考えれば妻帯者のほうがハードルが高い。
非農家出身者のほうがハードルが高い。

でもハードルが高くても就農しちゃう人もいれば、ハードルが低いのに飛び越えられない人もいる。
それはなぜでしょうか?