どんな仕事でも、熟練の技があります。
新人が遠く及ばないような神業。
圧倒的な力の差。
その技術によって、とんでもなく高品質なものが出来上がる。
そこには長年にわたって積み重ねられた知識や経験があるわけです。
逆に言えば、知識や経験の積み重ねこそが熟練の技を生み出しているのかもしれません。

だから。
技術がそのまま商品の良し悪しを決めるなら、技術を磨いて経験を積んでいくのは大切だと思います。

じゃあ経験が少ない新人には良いものが作れないかというとそんなことはありません。
確率が低いだけで、できることもあります。

今回は。
商品の良し悪しは技術だけじゃないよ、という話は脇においておくとして。
知識・経験が豊富だとなぜ良いものができるのかについて考え、新人という立場では何を意識しなければならないのかを書いていきます。