営業に出かけている時間があるんだったら畑仕事をしたいというのが農家ですから、生産~流通~販売を手掛けたうえに営業までやるとなったらいくら時間があっても足りません。

でもここで。
地元の直売所に野菜を置く。
スーパーで特別にコーナーを設置してもらう。
というような不特定多数に宣伝するときには注意が必要です。
たくさんの人に知ってもらったその中から直接配達を希望する方が現れないとは言えませんが、そもそも有機野菜に興味がなくて野菜はなるべく安いほうがいいと考えているお客様は、ストレートにいえば相手にするべきではありません。
手にとって食べていただいているうちに有機野菜のよさを理解していただこう、とか考えないでください。
消費者の意識を変える、という行動には相当なエネルギーが必要だからです。
新規就農して間もない初心者農家がそこに労力を割いている場合じゃありません。
もともと有機野菜に興味があって、買いたいと考えている人を探すことがまず第一です。