農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
農家の思考
  • HOME »
  • 農家の思考 »
  • 商品を販売するためのノウハウ

商品を販売するためのノウハウ

農産物の魅力を伝えて農家=生産者の枠を超えよう

自分は生産だけに集中したい。 栽培をとにかく楽しみたい。 そんな農家になりたいなら、農協出荷型の農家になればいい。 でも。 自分でつくったものを自分で売っていきたい、といった自営業としての農家になるなら、栽培だけではなく …

A591_I1

小規模農家の経営力 栽培を追求したいなら顧客も追求しよう

いいものを安く手にいれたい。 とは誰もが考えることです。 同じものなら安いところから買いたいし、同じ価格ならなるべく品質がいいものを買いたいですよね。 何がいいもので何がいいものじゃないのか、その価値観は個々にゆだねられ …

ニンジン1本1000円

小さな農家の営業は工夫次第でストレスフリー

当サイトでは、農家自身が自分の商品を販売していかなければ利益がちゃんと上がらないという話をよくします。 販売農家のススメです。 ここで。 商品を販売するということは営業するということでもあり、営業と言うとなんだかハードル …

営業マン

国が勧める農業の6次産業化を新規就農者はどう見るべきか

新規就農を検討するときに、 自分で育てた大豆で味噌を作りたいなぁ とか 見た目が悪くて売れない野菜を漬物にして売ったらロスがなくていいんじゃないか とか考えたことはありませんか? 農業をやりたい人の一定割合は、自給自足の …

6次産業化ロゴ

顧客の思考を把握する 有機信仰・無農薬信仰の共通点

新規就農を希望する人の多くが、有機農業に興味を持っています。 世論などの影響はあるでしょうけど、農薬を悪者として位置づけて無農薬栽培こそがこれからの農業を引っ張っていくかのように考えている人がけっこういらっしゃるように思 …

%e7%84%a1%e8%be%b2%e8%96%ac%e4%bf%a1%e4%bb%b0

いいモノを作れば売れる!は農家の間違った思考

すでに農業を仕事にしている人はもちろん、これから農業を始めようと思っている人でも イイものを作りたい と考えています。 栽培にこだわり、とにかく美味しいものを作りたい。 日本一の美味しい米を育てたい。 モノづくりに魅力を …

シャネルのバッグ

販売農家の差別化戦略 付加価値ってなんだ?

新規就農をするときに気をつけるべきこととして 生産だけではなく販売もしっかりと考える ことを過去の記事で挙げています。 農業も同じ!生産力があっても販売力がなければ半人前 集客が商売の基本なのは農家でも同じ そして。 販 …

付加価値

販促営業に自信が持てない駆け出し農家はコレをやれ

これまでに。 新規就農した最初のころでも、戦いかたを間違えなければじゅうぶんやっていける。 という話をしてきました。 新規就農後の間もない頃でもプロとして対等に戦える秘訣 それでもやっぱり。 自分の栽培に自信が持てない段 …

味見

美味しさだけを追求する二流農家に時代は味方しない

オレのつくった米はうまい! と言っている農家がいます。 誰か特定の人を指しているのではなく、けっこう多くの農家さんが自分のつくった農産物に自信を持っています。 ほんとに。 多いんですよ、うまいから食ってみろ!的な人が。 …

棚田

優秀な農家になるための3つの条件

農地を借りて、耕作を始めます。 堆肥を入れたり畝を立てたり。 種をまいたり苗を植えたり。 あれこれと手をかけて、必死になって作物を育てていきます。 その結果。 収穫して売ることができる商品、農産物が出来上がったとして。 …

撮影スタジオ
1 2 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

PAGETOP