農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
農家の思考
  • HOME »
  • 農家の思考 »
  • 有機農業という選択

有機農業という選択

農家になりたいけど、何から始めたらいいか分からないあなたへ

農業を仕事にしてみたい。 農業にすごく興味がある。 そのように考えたとしても、 いったい何から手をつけたらいいのか分からない。 という方は多いと思います。 農家の収入って少ないイメージだけど大丈夫なの? 栽培技術はどうや …

新規就農するなら農家に聞け

就農相談で行政に感じる温度差 有機農業はいまだ冷遇されている

平成18年(2006年)に有機農業推進法が施行されて以来、行政は環境保全型農業である有機農業を推進して広めていくよう方向性を定めています。 これはつまり。 環境への負荷が低い農業を推進していくことや、消費者に向けて有機農 …

顧客ニーズ

ビニールマルチの役割はけっこう大きい 旬を広げる効果とは

農村地帯を車で走ったり、自転車で走ったりしたとき、一面キャベツ畑だったり地平線の彼方まで玉ねぎ畑が広がっていたりしますよね。 そこでは、作物の下に黒いビニールが敷かれていたりしませんか? もしくは、真冬であれば透明なビニ …

%e3%83%93%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%81%e3%81%ae%e5%bd%b9%e5%89%b22

顧客の思考を把握する 有機信仰・無農薬信仰の共通点

新規就農を希望する人の多くが、有機農業に興味を持っています。 世論などの影響はあるでしょうけど、農薬を悪者として位置づけて無農薬栽培こそがこれからの農業を引っ張っていくかのように考えている人がけっこういらっしゃるように思 …

%e7%84%a1%e8%be%b2%e8%96%ac%e4%bf%a1%e4%bb%b0

有機農業の優位性はどこにあるのか 環境負荷?美味しさ?

全国農業会議所のアンケート調査によると、新規就農希望者の約3割は有機農業をやりたいと答えています。 また、約9割が有機農業に興味があると回答しています。 世の中に流れている有機農業を推す空気、有機農産物がもっているブラン …

%e7%92%b0%e5%a2%83%e4%bf%9d%e5%85%a8%e5%9e%8b%e8%be%b2%e6%a5%ad

有機農業するなら当然知っておくべき有機JASの秘密

有機JASに対する誤解はいくつかありますが、そのなかでも特に大きなものは 有機野菜だからといって無農薬とは限らない という事実です。 これについては別の記事で詳しく書いていますのでそちらをご覧ください。 有機農業やるなら …

天秤

有機農業やるなら常識!有機野菜と無農薬野菜の違い

有機野菜 無農薬野菜 この2つの違いがわかりますか? 世間一般的にはあまり知られておらず、明確にどこが違うのかを言える人はそれほど多くないと思います。 でも。 農業者にとっては知っていて当然。 有機農業をやろうとしている …

検索キーワード

有機農業のメリット 二つのアプローチから価値を再認識する

新規就農を希望する人のなかには、いわゆる有機農業をやりたいと思っている人が少なくありません。 そこには。 世間的に好意的なイメージがあるから。 食の不安になにかしらの貢献がしたい。 自分自身が安全なものを食べたい。 など …

商売

二つある無農薬栽培の価値を理解し、活用しよう

新規就農したい人の多くは有機農業に興味がある。 というのは全国農業会議所のアンケートで出ている事実ですし、感覚的にもそれは間違いないだろうと思います。 これから農業を始めたいということは、今現在は消費者という立場に立って …

目線

変人は最初から変人だったわけではない

たくさんの種類の野菜を育ててそれを家庭や飲食店に向けてお届けしている、いわゆる 野菜の詰め合わせセットをご家庭に直接お届けします! という農家。 多品目有機栽培農家と呼んだりしていますが、彼らの特徴として 変人が多い と …

馬鹿になれ
1 2 3 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

PAGETOP