農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
農家の思考
  • HOME »
  • 農家の思考 »
  • 産業としての農業

産業としての農業

農業者も消費者も農薬に踊らされてはいけない

半年ほど前になりますが、日本政策金融公庫から依頼がありAFCフォーラムという冊子に寄稿させていただきました。 あちこちで目にするような冊子ではありませんので、おそらく記事をご覧になった方は少ないのではないでしょうか。 日 …

1703_img001

小規模農家と大規模農家 戦略も顧客も生き方も違う

日本の農業は弱い。 そんなふうに考えている人はけっこう多いと思いますが、実際はそんなこともなくけっこう強いというのが事実です。 それは、最近たくさんの書籍が出ていることでも分かります。      ただし。 正確 …

露地野菜労働1時間当たり農業所得

実家が農家じゃないけど新規就農する人が、野菜を選ぶ3つの理由

新しく農業を始める人たちの多くは、実家が営んでいる農業を引き継ぐような形で新規就農しています。 いわゆるこせがれ農家と呼ばれる人たちで、新規就農者全体の約7割を占めています。 このほかに、農業法人に就職する新規雇用就農者 …

新規参入者の栽培作目

農業収入の真実 農家はちゃんとした年収を得られているのか

農業に対する世間的なイメージってあまりいいものではありませんよね? あまり稼げない。 働けど働けど楽にならない。 朝から晩まで働いて大変な仕事だ。 貧乏暇なしの典型的な仕事。 3K(きつい、きたない、危険)の代表的な職種 …

風評被害

農家は食料自給率の問題をどのように考えるべきか

新しく農業を始めようと意気込んでおられる方の中には 日本の食料自給率向上に貢献する! と強い決意を持って鼻息を荒くしている方がいらっしゃいます。 世間的には低いことの問題が強く叫ばれている日本の食料自給率ですから、そこに …

食料自給率-農水省食料需給表2

国が勧める農業の6次産業化を新規就農者はどう見るべきか

新規就農を検討するときに、 自分で育てた大豆で味噌を作りたいなぁ とか 見た目が悪くて売れない野菜を漬物にして売ったらロスがなくていいんじゃないか とか考えたことはありませんか? 農業をやりたい人の一定割合は、自給自足の …

6次産業化ロゴ

農業の実態 過酷な労働環境はブラックなのか

農業に対する世間のイメージは様々です。 牧歌的なゆったりのんびりしたイメージがある一方で、朝から晩までひたすら働く過剰労働をイメージされる方もいらっしゃると思います。 もちろん。 農家によって、農業法人によって働き方は多 …

ブラック企業

農業女子とかギャル農業とか、女性が農業をやるのは有利?不利?

農業をやってみたいと考えている人のなかには、少ないですが女性の方もおられます。 農家は夫婦でやるもんだ、というイメージがあるので女性が農業をやること自体は珍しくないのですが、自らが主体となって独立就農したいと考えている女 …

農業女子

有機農業 → エコロジー、農薬 → 環境破壊という盲信

新規就農したいと考えている人。 とくに有機農業をやりたいと考えている人は、おそらく環境問題にも敏感なのではないでしょうか。 環境のため。 自然のため。 環境の優しい農業をやりたい。 お金のためだけではなく、地球の未来のた …

地球温暖化

馬鹿でもできる農業は絶対にやるな!

メディアでよく取り上げられたりする農業に関する話題の中に ニートの社会復帰支援としての農業 障害者の就労支援としての農業 といったものがあります。 彼らの活躍の場として農業がいいという取り上げられ方です。 それがいいとか …

ニート支援
1 2 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

PAGETOP