農業を仕事にしたいけど収入をしっかり得られるのか不安、田舎暮らしで有機農業・有機栽培をやりたいけどノウハウがない。近くに農業研修を受けるような農家がない、サラリーマンとして勤めながら就農の準備をしたい。そんな人にお勧めの情報がつまっています。
農家の思考
  • HOME »
  • 農家の思考 »
  • 栽培の基本を押さえよう

栽培の基本を押さえよう

マスターベーションの恐怖 農産物に点数をつけるのは顧客

栽培がしたくて農業に興味を持つ人は多い。 これは事実です。 もちろん生産は大切。 農業においては柱になる重要な活動だし、これをおろそかにすることは離農に直結する危険をはらんでいます。 でも。 だからといって、栽培ばかりに …

10127f1ddd2f15f0b3b343175cb6e609_s

ビニールマルチの役割はけっこう大きい 旬を広げる効果とは

農村地帯を車で走ったり、自転車で走ったりしたとき、一面キャベツ畑だったり地平線の彼方まで玉ねぎ畑が広がっていたりしますよね。 そこでは、作物の下に黒いビニールが敷かれていたりしませんか? もしくは、真冬であれば透明なビニ …

%e3%83%93%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%81%e3%81%ae%e5%bd%b9%e5%89%b22

農業用機械の選び方 畑のデザインは機械で決まる

あなたはどんな畑に魅了されますか? 草ひとつ生えていないきれいな畑。 まっすぐに延びた畝。 通路まで埋め尽くされるように育っている野菜たち。 ずっと遠くまで同じ作物がずらーっと植えられている大規模農業に心を動かされる人は …

%e7%95%9d%e6%88%90%e5%9e%8b%e6%a9%9f

なぜ耕すのか 耕耘の本質を理解しなければ前に進めない

農薬を使うとか使わないとか、肥料をどんなものにするかとか、どんな栽培をするのかは 出来たものを誰に売るのか によって大きく変わります。 食の安全を気にする主婦なのか、味にこだわるレストランのシェフなのか、珍しいものが欲し …

トラクターB1702

プロの農家とは原因を突き詰めて改善をしていくもの

目の前で起きていることには必ず原因があります。 何の理由もなくそれが起きていることはありません。 動物が食事をする。 植物が光合成をする。 おならが出る。 風が吹く。 りんごが落ちる。 靴のかかとがすり減る。 風船が割れ …

肥満

品種とは何か 奥深い世界の一端を知り農業経営に活かす

専門用語というほどではありませんが、農家は品種(ひんしゅ)という単語をよく使います。 当たり前に使います。 アイコっていう品種が子どもにけっこうウケがいいんだよね。 とか。 コリンキーって品種がかなり独特の個性を持ってい …

11varieties-v2_s

時間管理・作業効率を意識することで稼げる農家になる

家庭菜園をしていて。 なんか植物を育てるのは性に合ってる気がする。 野菜を育てることを仕事にしたい。 という流れで新規就農を考えている人がとくに陥ってしまいがちな失敗があります。 日の出とともに畑にでて、日が沈むまで働く …

タイムカード

化学肥料を使うと野菜はまずくなるのか

無農薬野菜をありがたいもの。 有機野菜は安全で美味しいもの。 と思ってもらえることはうれしいことです。 無農薬で栽培している農家にとって、農産物を高く評価していただけることはありがたくモチベーションも上がります。 でも。 …

泣く子ども

虫食い野菜は美味しいという真っ赤な嘘

新規就農希望者の3割が希望している有機農業。 新規就農規模者の9割が興味を持っている有機農業。 そんな有機農業に対する誤解はいくつかありますが、そのなかのひとつに 虫食いの野菜(農産物)は美味しい 野菜(農産物)が虫に食 …

虫食い野菜は美味しい

自然栽培に学ぶ 野菜の味を決めるのは肥料の質ではなく量

奇跡のリンゴといえば「あーあの人ね」とすぐにわかるくらい、有名になった木村秋則氏。 その木村氏が提唱しているのが自然栽培という農法です。 自然栽培という言葉はおそらく木村氏が有名になる前からあった言葉ですが、木村氏があま …

大豆牛肉サプリ
1 2 »

運営者情報

プロフィール顔 管理者:松本直之

動画で思考

PAGETOP